5020kHz SIBC - Wantok FM

画像

放送時間を延長して Wantok FM を中継しているとウワサの 5020 kHz SIBC。ジャミングの飛沫を浴びてかなり聞き苦しいものの、ウチでもソコソコ聞こえていたので、「嗚呼、ガツンと来ているのだろうなぁ」などとため息混じりで聞いてみました。音楽の音質としては、欧州の海賊たちのものに比べれば遥かに良いものの、ID(らしきもの)は、私の耳では「こう聞こえたゼ」なんて書き出すことが躊躇われるもの
CAのRon Howard氏の録音と聞き比べて、「同じように聞こえるゾ」ということで SIBC と思い込むことに。



↑5020 kHz 2015年1月4日 0130JSTのもの。



↑同 0137JSTのもの。

この後、エアコンノイズの襲撃を受けてノイズキャンセラーを起動。調整に四苦八苦



↑5020 kHz 2015年1月4日 0226JST ノイズキャンセラー調整中に聞こえたもの。



↑同 0220JST ノイズキャンセラーOFFの状態 ほぼノイズ音ですので、覚悟をキメてから再生してください。

ま、このノイズ音だらけのものから、IDが(IDらしきものが)聞こえるほどには短波帯でもノイズキャンセラーは動作するものの、中波帯の効きに比べるとダンチです 中波帯では20秒もあればまず殲滅状態にできるものの、この周波数あたりでは調整は分単位ですし、それでも満足できるものにはなりません ジャミングの飛沫も浴びているので、どこで善しとするかの判断がつきにくいというのも、時間のかかる原因なのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック