だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (5)

案の定というか予言どおりというか、シリコンによる型取りは満足できるものにはならなかった ま、失敗すると思っていたものが失敗しただけの話で それはすでに昨日の失敗、今日のNEωなワタシが失敗したわけではないので、この件で凹む必要もない

この件では凹む必要などまったくもってないのだけれど、今日のNEωなワタシは今日もNEωな失敗を犯すわけで、凹みまくりの毎日から解放されることなどなかったりする

TR-4400 のバンド切替用のツマミをつくろうと試みた結果である↓

画像

朝のウチに仕掛けておいたものだけれど、気泡が入ってしまっている 爪楊枝で潰したハズの気泡である。余計なものはヤスリでゴシゴシすれば良いけれど、足りないものを足すのは簡単ではない。というか、結局、黒く着色したレジンを準備しなければならないので、作りなおすのと手間は変わらなかったりするのだ

この気泡、お隣さんのエアコンノイズが原因か

ベランダに日光浴させておいたブツを取りにいけば、相変わらず醜い音がしているし、まったくもう

ここまでくると「いいがかり」だとはいえ、「雉も鳴かずば撃たれまい」し、「エアコンも使わなければノイズは出まい」。つまり、「こんなに暖かいのにエアコンをバリで使ってノイズをまき散らさなければいいがかりだって言われない」のだ。「こんなに暖かいのに」または、「エアコンをバリで使って」または、「ノイズをまき散らさなければ」のいずれかの条件が崩れればワタシだって「いいがかり」だとか「八つ当たり」なんてしやしない。堪忍袋はすでにパンパンパンなのだ

さて、八つ当たりで溜飲をかなり下げることができたけれど、もちろんこの件で「鳴いた雉」はワタシ自身 気泡を完全に潰さなかったワタシに否があることなど承知である。ここはお互い様ということで手を打つことにしよう

パンパンパン


硬さとしては十分で、気泡を潰せればこの方法でツマミが作れそうなことはわかったので、善し そうそう、進展があったのだから十分ではないか

で、TRY-X 1500 の折れたアンテナキャッチ用のパーツもこの方法を使うことに。必要な部分を切り出してペタリする作戦である。パテで修理するよりもうまくいくのではないか、と思っているけれど果たして

画像

とりあえず、おゆまるで型取り。シリコンの型だと、100均の UVレジンは固まりにくいこともわかっている

明日の朝もまた、気泡との壮絶な戦いが待ち構えているのだ。さて、寝るとしよう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック