FAX受信はじめました(07)~SRI、道草をする

ワイハ~帰りにストラリアオーで道草をムシャムシャしている SRI です

画像

ギターを持たずに弾き真似をするのを「エアギター」、一人相撲をするのを「エア相撲」などというそうだけれど、ハワイやオーストラリアに行った気分になるのは「エアハワイ」だとか、「エアオーストラリア」だとか言うはずもないことは SRI だって知っている 何故そう言わないか?という問に、「ナショナルフラッグキャリアと間違えるからじゃね?」と冗談ではなく答えるのが SRI である。

ある分野だとか、特定方面の放送に興味を持つと、とにかく長時間聞きこんでみるというのが SRI のスタンス。基本はフェードインからフェードアウトまで聞き続ける。入感状況だとか、イロイロなことがわかるからである 11 MHzのハワイは結構安定していて、聞きこむ?のには良い題材なのかも知れないのだけれど、「ハワイに行っている気分」も、何日も続けていると、本当に心のドコカをえぐり取られてしまって、侘びしさに囚われてしまうもの で、オーストラリア経由で帰国する気分を味わうことに とりあえず短期間にまとめてアチコチの FAXをたくさん受信することで何かを得ながら、行った気分を味わおうと思う。

しかし、天気図だとか、衛星写真を見ることで行った気分になれるとは、SRI はなかなか大したヤツである。


今回もまた、

3時になったら、ココ、押してね

と、手動予約を試みる。

VMC はソコソコの画を見れたので、周波数は VMW の 18060 (18058.1) kHzにセットして、10分ほど前に電源が入るようにしておく。

手動予約が起動したのは 1517 分、録音サイズが 2GB に達したのが 1825。この間に、計 9枚の画像が出てきた。そのうち、4枚ほどは途中で信号がプチリと切れて、もちろん画像も中途半端なものになっていた
VMC は Charleville, Qld からの 1kW、VMW は Wiluna, WA からの 1kW のようだけれど、送信されている内容は同一の様子で、先日 VMC を受信したのと同じ時刻に、同じタイトルのものが受信できた。以下は抜粋。

画像
1551JST
画像
1648JST 途中で信号が切れている
画像
1709JST
画像
1739JST
画像
1755JST
画像
1810JST

録音なので信号強度は知りようもないけれど、音声レベルを見ると 1730頃から少し強くなっている様子。
で、1810 の Australian MSLP Prog (H+36) Valid 0000 なる画の右下には、オーストラリア政府気象局のロゴ

画像

と、

Australian Government
Bureau of Meteorology

www.bom.gov.au

と読めなくもない文字

画像

ま、もう少しクリアな画が欲しいので、この時刻にまた狙ってみようと思う

この画のカラーバージョンは↓とのこと。

画像

Australian Government Bureau of Meteorology のホームページ、VMC & VMW Radio Fax Schedule からリンクを辿ると出てくる。

VMC/VMW の局名入りとなるとやはり Radio Fax Schedule になるのだろうけれど、こちらは 2115-2145 に 2枚に分けて送信されている様子。

VMC 2628, 5100, 11030, 13920 kHz
VMW 5755, 7535, 10555, 15615 kHz


のいずれかで狙うことになる。0915-0945 に狙うのならば、

VMC 5100, 11030, 13920, 20469 kHz
VMW 7535, 10555, 15615, 18060 kHz


で、周波数はいずれも -1.9 kHzにセットする。

さて、試してみようか

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック