無電源ゲルマラジオはエアコンノイズを食べるか?

鉱石ラジオに関するネット上の記事をアレヤコレヤ斜め読みさせて頂いている あたりまえだけれど、「斜め読み」といっても本当に斜めに読んでいるわけではないし、文章をすっとぱして読んでいるわけではない。難しそうなトコロを空想で補いながらスルーしているだけである

画像

以前、FMゲルマラジオの実験でお世話になった「ゲルマラジオの試作工房」さんで紹介されている無電源ラジオの聴取局と電源局が異なる「異局電源型(CRLさん命名)」の電源局に、悪名高きあの邪悪で醜悪なエアコンノイズが使えないかと、ふと思いついた。(多分)エアコンノイズのせいで、TRY-X 1500 で中波帯を聞いていると同調LEDがゴキゲンに点灯しているのを見てのことだけれど、こういうくだらないことを思いついて試してみてハマる、というのは実にワタシらしいではないか

CRLさんはすでに 2号機をもって実験を中断してしまっているようで、異局電源型なる方法による実験の成果は公開されていない。残念ながら、ワタシにはサクッと回路を考えて作るなんて芸当はできやしないので、ググるくんが集めてくる資料待ち これまでもいくつかの思いつきを試してみて、ハマって、保留にしてきている。これも同じような運命を辿るのだろうけれど、ここで何かをやっておくことは、のちに「構想ウン十年」なんて言うためには必須なのだ

画像

エアコンノイズに勝つための、「たったひとつの冴えたやりかた」だと思い込めば、HPゲージはうなぎのぼり。停電時には Perseus に勝てるともなれば、エネルギーは120%まで充填されるに違いない

画像

ただ、考えてみれば、ガツンガツン聞こえているNHKあたりを電源局にすれば済みそうな話だったりもする

お後がよろしいようで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック