KBS World Radio 6月18日の受信状態と、韓国語と朝鮮語の違い?

某 BBS で「KBS World Radio の状態が悪い」旨の書き込みを見つけた 海外日本語放送のファンとしては食指が動く といっても、正直に言えば、欠かさず聞くのは KTWR(フレンドシップラジオ)くらいで、すでに「次の放送はやく聞きたい病」にかかっている。案外、週一というのは悪くないとも思う。毎日、というか平日には 15345 kHzにも必ず合わせているけれども、実際にはストリーミングで番組を楽しんでしまう ま、このヘンは、受信に重きを置くのか、番組を楽しむのに重きを置くのか、個人のスタイル次第だろうと思う。

さて、状態が悪いと報告された KBS World Radio だけれども、どの時間のどの周波数が悪いのかわからなかったので、一応、日本語番組のスケジュールの全部をチェックしてみた 連続して同じ番組を聞くのは苦痛ではないけれども、ついウッカリ気を散らしてしまうこともあって、全時間を聞いたわけでもなかったりするし、だいたい電波というヤツは受信機やアンテナだとか、周囲の環境だとかで強さが変わったりするものだから、SRI の聞いた状態で KBS World Radio の受信状態を評価すべきではないことは九十六くらい承知である。

画像

通信機型受信機とよばれる受信機と、広帯域アクティブループというアンテナの組み合わせは、ポータブルラジオよりすげーだろうとか思う人はもはやいるまい。選択度にしたって、最近の DSP ポータブルラジオのほうが選択肢が増えているくらいだし、SRI んちの↑の組み合わせはポータブルラジオと内蔵ロッドアンテナに平伏することも多い

参考として受信音をペタリしているけれども、ま、体裁を整えるためだけなので、スルーをおすすめしておきます

1700-1800 6155, 7275 kHz

信号強度はどちらも同じくらい。いずれも開始時に比べて終了時のほうが強くなっている。時折、ストンと沈むこともあるが、短時間で復帰。7275 kHzは 1745 頃から Pipipi タイプのジャミングが煩くなってくるものの、内容は完全に把握できたが、日によって左右されるかも知れない。Pipipi が気になるのならば 6155 kHzに移動すれば良いだけである。



↑1720 頃の 6155 kHz。15 秒後に 7275 kHzにチェンジしている。



↑Pipipi が煩くなってきた 1750 頃の 7275 kHz。15 秒後に 6155 kHzにチェンジ。

1800-2000 9805 kHz
極めて良好。



↑9805 kHz 1901 のニュース開始部分。

2000-2200 1170 kHz
この日、SRI のところではエアコンノイズの襲撃を受けていて、正当な評価はし難いものの、信号が沈み込んで一時了解不能となることもあった。中波とはそういうものだし、そもそも、「この周波数で日本全国をカバーしようとは考えていないだろうから」と判断しているが、勤人が平日聞くのに適した時間帯とも考えられるので、残念といえば残念



↑1170 kHz 2002 頃の最も悪かった時のもの。多方向からのエアコンノイズを受けているので、ノイズキャンセラーを投入して、最も煩いエアコンノイズは消えているものの、この程度。
決して再生ボタンをポチらないこと

1000-1100 9580 kHz
信号強度はKBS World Radio 日本語放送で使用している短波の周波数のうち最も弱く、落差も大きいものの、混信がないので、内容は完全に把握できた。



↑9580 kHz 最も状態の悪かった 1049 頃。

1100-1200 11810 kHz
ほとんど聞くことがない時間帯で、同波に混信があったように記憶していたが、この日は良好。



↑11810kHz 1101 頃のニュース開始部分。


1170 kHzの状態が「悪いと言えば悪い」ものの、ここは打つ手なしの周波数。1044 kHzの北京放送(中国国際放送局)とて同様に一時的に聞こえなくなることもある。総じて「問題なし」というのが SRI んちでの KBS World Radio の受信状態。


この日の「ソウル発、平壤は今」では、

北朝鮮(番組内では「北韓」)では韓国の流行語や、韓国式のイントネーションが流行している。

と紹介。

韓国語と朝鮮語(番組内では朝鮮語とは言っていない)は、基本的には同じ言葉であるが、分断によって全体的に違いが生じている

として、標準語の定義を付け加えていました。

韓国語の標準語は「ソウルの教養ある人々が使う言葉」であり、朝鮮語(番組内では朝鮮語とは言っていない)は「ピョンヤンの労働者階級の使用する言語」と規定されている

とのこと。

※韓国および北朝鮮の政府による呼称で言語を「韓国語」「朝鮮語」としています。もちろん、SRI にはその違いは全くわかりません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック