モンゴルの声 7月24日(金)1930の放送で12015kHzをテスト

画像

モンゴルの声日本語放送では、2015年7月24日金曜日の日本時間 1930 からの放送のみ、12000 kHzに代えて 12015 kHzで「状態を試す」とアナウンスしています。なお、6月22日(月)にも同様のテストが行われると告知されましたが、行われませんでした。



↑7月21日のポッドキャストから、告知部分。

報告を eメールでも受け付けるとしていますが、4月末に告知された新しいアドレスに何度かメールを入れていますが音沙汰ありません

※7/24 18時の英語番組から 12014.9 kHzに出ています。19時までは12015 kHzの NHK World とのビート、19時以降は 12010 kHz KSDA 中国語のサイドを受けましたが、1957 の終了まで内容の理解を妨げるような状態にはなりませんでした。まずは周波数の更正を行って欲しいものです。

このテストに関しては、すでに7月20-21日に、国際短波放送情報radio_no_koeのブログが伝えています

モンゴルの声,24日に試験放送国際短波放送情報
モンゴルの声日本語、7/24の1930のみ周波数変更、受信報告を期待radio_no_koeのブログ

モンゴルでも10月にデジタル放送に移行、とか。
モンゴルの声 6月22日(月)1930の放送で12015kHzをテスト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック