RAEをさがせ!

マルセロ・カルバジャル氏をさがせ、どころか少なくとも日本時間で8月11日午前から RAE 自体が行方不明になってしまいました

SRI 調べでは、6月初旬以来、マルセロ・カルバジャル氏の生、もしくは現地時間で当日付けの番組が聞けたのは 7月 2日と28日の 2回のみ 一ヶ月の沈黙を経て、7月 2日のマルセロ・カルバジャル氏の登場をもってひと安心してしまって、7 月 3・4, 7・8日の午前10時の番組はチェックしませんでした

画像

そんなわけで、午前10時にはどこでもドアを使って捜索、もとい、ストリーミングや WebSDR や GlobalTuners などを使って RAE をチェックするのが常になっています。残念ながら、この時間帯に 1時間の番組をまるごと聞くことはできませんので、10分程度の本当にチェックだけ

で、8月11日(火)の10時前にストリーミングを開くと、スペイン語番組でした "Radio Nacional"のアナウンスは番組名を冠してかどうかはわかりませんが、チョクチョク出ています。で、稀に"La Radio Publica, Radio Nacional Argentina"のアナウンス。結局、10時を過ぎても、11時を過ぎても、12時を過ぎても Radio Nacional のママ WebSDR や GlobalTuners では 11710.6 kHzでも同一の番組が聞こえていました。

19時になってもストリーミングは Radio Nacional のママ。20時をちょっと過ぎた頃に SRI んちのラジオで 15345.1 kHzで聞こえてきたのもスペイン語 ま、翌日(12日)の10時に植田さんが出てきて、「あーるえーいー、らえ…本日 8月11日火曜日のウンヌン」言ってくれれば恐らくはスイッチングミスだろう、と、マルセロ・カルバジャル氏の番組を聞くという本来の目的を見失いながらも、9時台からチェック開始

画像

結局、12日午前のストリーミングも 11710.6 kHzも、Radio Nacional。UT でチェックした 11710.6 kHzは1400 に 11710kHzに出てきた CRI にのみこまれるまでずっと Radio Nacional のままでした

8月12日、19時に UT でチェックしたところ、15345v kHzではやはり Radio Nacional。AM870 のストリーミングとも同じ。もちろん、20時に SRI んとこのラジオからホソボソと聞こえてきたのも RAE ではなく、Radio Nacional でした。その後、SRI んちでは 15345 kHzはまともに聞こえなくなってしまいましたが、ストリーミングは 2時を過ぎても Radio Nacional。

日をまたいで、3時頃には 15344.3 kHz のキャリアがしっかりしてきたものの、音が薄い薄い 依然として RAE は出てこず、Radio Nacional。果たしていつまで続くのか

※0400-1100 まで RAE のストリーミングを録音してみましたが、全時間 Radio Nacional Argentina で、RAE は出ていませんでした。

さて、何か起こっているのでしょう。あるいは単なるスイッチングミスか。

12日の朝 6時に RAE のドイツ語を受信したという記事をどこかで見かけましたが、とすれば、SRI が気づいた 11日の 9時から 1日半継続しているわけではないことになります。う~ん、気になるけれど、そろそろ活動限界

※8月11日から13日には RAE は48時間ストを行っていたと考えられ、↑の日時にドイツ語番組だけが出ていたとは考え難いというのが SRI の見解なのですが、SINPO 35333 の状態で、ドイツ語とスペイン語を聞き違えるかなという疑問もあって判断しきれません。ただし、同氏は Radio Nacional のスペイン語番組を RAE の中国語番組だとも報告しています。スケジュール上では RAE の中国語番組が出ているはずの時間ですが、↓のように、同日、同時刻にはイレギュラーで Radio Nacional Argentina が出ていました。


植田さんの「あーるえーいー」欠乏症にかかってしまった SRI でした

※8月13日12時の Time Pips の直後、ストリーミングは無音になり、1203 にアルゼンチン国歌で RAE に復帰。「アルゼンチンでの新しい一日が始まりました」的なアナウンスの後、英語番組に。この時間、UT でチェックした 11710.6 kHzは Radio Nacional のママ。13時からはストリーミングは中国語番組になりましたが、11710 kHzは Radio Nacional のままで 1359 に s/off。ストリーミングは 1359 から Radio Nacional になりました。

※13日の1854 にはすでにストリーミングは RAE に切り替わっていて、IS が出ていました。以降、通常の開始シーケンスで 1902 から中国語番組。2008 に植田さんが登場して、「本日2015年 8月13日木曜日の」日本語番組開始。あれこれチェックしながらだったので片手間ですが、残念なことに 20時台には SRI んちではキャリアのみで音になりませんでした。欧州でのチェックでは、15344.3 kHzが音になったのは 1914 以降でしたが、ストリーミングとパラでした。


RAE マルセロ・カルバジャル氏は何処へ?
RAE 今週は再放送週間か?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック