モンゴルの声、8月6日から周波数を「一時的に」変更

去る 7月24日(金)1930の放送で12015kHzをテストしたモンゴルの声ですが、以下の情報が入ってきています。

画像

この度、8月6日の木曜日より当ラジオ局の日本時間19時30分からの放送が、一時的に周波数12000kHzから周波数12015kHzに変更されることになりました。再放送に関しては変化はありません。
リスナーの皆様、お手数をかけますが、受信電波を周波数12015kHzに調整して、お聞きになってください。
これからも“モンゴルの声”ラジオ局をよろしくお願いします。



なお、番組内でもニュースのあとに告知されている。


複数日にわたるテストのように見受けられますが、はたして。

※7月24日同様に、1800-1958 の英語・モンゴル語・中国語・日本語番組がセットで移動するようです。
1753 に c/on。1900 までは同波の NHK World(日本語)との間にビートが生じています。1900 以降は 12010 kHzのサイドがかなり気になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック