北京放送がメンテナンスを終了とか、B15海外日本語放送スケジュールとか。

9月 6日から恒例のメンテナンスのために短波での周波数が 1波になっていた北京放送(CRI 中国国際放送局)の日本語番組ですが、予定どおりに作業が完了したようで、10月16日19時から短波 2波での送信に戻っています。金華送信所 831台がメンテナンス対象だった模様。

画像


10月25日朝まで有効のスケジュールは下記のとおり。

0700-0757 9535, 13640 kHz (前日19時台の再放送)
0800-0857 11680, 13640 kHz (前日20時台の再放送)
1900-1957 7325, 11620 kHz
2000-2157 1044, 7325, 11620 kHz
2200-2257 1044, 7215, 7325 kHz (19時台の再放送)
2300-2357 1044, 7395, 7410 kHz (20時台の再放送)
0000-0057 1044, 7220, 9585 kHz (21時台の再放送)

なお、10月25日19時からは B15スケジュールとなり、B14 で使用された周波数に戻ることになる。

0700-0757 5985 (ex. 9535), 7440 (ex.13640) kHz (前日19時台の再放送)
0800-0857 9435 (ex. 11680), 9695 (ex. 13640) kHz (前日20時台の再放送)
1900-1957 7325, 9440 (ex. 11620) kHz
2000-2157 1044, 7260 (ex. 11620), 7325 kHz
2200-2257 1044, 7215, 7325 kHz (19時台の再放送)
2300-2357 1044, 7395, 7410 kHz (20時台の再放送)
0000-0057 1044, 5980 (ex. 9585), 7220 kHz (21時台の再放送)


その他、いくつかの日本語放送でも B15スケジュールで周波数が変更される。
以下、変更分のみ抜粋。

□KBS World Radio

B15スケジュールが10月14日の玄界灘に立つ虹のなかで告知されました。
1800-1900 6155 (ex. 9805) kHz
1900-2000 6095 (ex. 9805) kHz

□朝鮮の声

11865 kHzが 7580 kHzに変更になるものと思われます。毎年恒例の変更となります。

□モンゴルの声

B15 スケジュールが放送内で告知されています。
※10月26日(月)からの変更とアナウンスされている。
1930-2000 12035 (ex. 12015) kHz

□IRIB ラジオ日本語

B15 スケジュールがホームページで告知されています。
0550-0650 5965 (ex. 9765), 7425 (ex. 11695) kHz (前日の再放送) ※10/26-
2220-2320 9585 (ex. 13660) , 12040 (ex. 15290) kHz


恒例のメンテナンスで北京放送が一部周波数を停波
海外日本語放送のA15スケジュール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック