あのR71で待ってる。(01)『R71といっしょ…』

IC-R71 がやってきました。1週間前のことです。
残念ながら SRI のものではなく、ひまつぶし用ということでお預かりしたものです

画像

FUNC の LED が接触不良で点かないことが多い。内蔵スピーカーからの音が割れてるというのがオーナーからの連絡事項。

電源を入れてみるとなるほど、スピーカーから出る音は割れまくりでした。REC や PHONE 端子からの音は正常、内蔵スピーカーや EXT SP 端子からの出力は割れまくりです。

IC-R71 の現物を見たのは実は初めてなので(たぶんカクタあたりで見て、チラリと触ってはいるのでしょうけれど、記憶には残っていません)見た目の判断ですが、FUNC LED は埋没していて、正常な位置ではなさそうです。SRI んちに来てからは点灯しないことはないですし、LED ですから接触不良なのでしょう。ま、これはあけて見ればわかるはず

画像

取説は ICOM のホームページからダウンロードできました。
http://www.icom.co.jp/support/download/manual/MnaDwn2.php?SWT=&INQWORDSWT=No

英文版ですが、SERVICE MANUAL も入手できたので、さて、部屋のお掃除をしてからカバーを開けてみることにしましょうか。

1983年の発売で、定価は13,6000円だとか。いかにも受信機らしいそのイデタチはなかなかのものです

無事にオーナーにお返しできるように祈りつつ、状況報告もかねて。

あ、周波数表示部の一部のセグメントが暗いように感じます。

この記事へのコメント

せきやま☆あすか
2015年11月12日 10:22
あー、そいつコネメガネって名前だから。
Saitama Radioholic Intl.
2015年11月13日 14:28
コネネちゃんと呼ぶことにします。

この記事へのトラックバック