テーマ:真空管ラジオ

RADIO The ORIGINATION ep.9 果たして、どこまで聞こえるのか

なんとか、ループを脱した様子。エージングも兼ねて、TEN 5球スーパーMS-40Aでイロイロと聴きこんでみる これほどの長時間にわたって、電源の入ったラジオだとか受信機の前に座ったのはいつ以来だろうか。「ラジオで楽しむためにラジオを作るのに手一杯でラジオを聞く時間がない」とは、なんという矛盾{%顔モジヒヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.エンドレスエイトⅡ

電源ハムへの対策としては、平滑回路のコンデンサ容量を大きくすればよいとされているが、真空管ラジオの場合、あまり大きすぎると整流管に良くないとも言われている。で、分割して入れるわけだけれど、デカップリング回路でもあり、CRフィルタでもあるという一石二鳥的なものとなる。らしい しかし、抵抗を入れるということは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.エンドレスエイトⅠ

情報統合思念体急進派の意思か、はたまたハルヒの思いつきか ハム対策を試みたんだけれど、やっぱりハマった 帰宅後、食事も取らずに6時間。とりあえず、一段落した模様。 ハムもかなり減少しているし、ノイズも少し減った。周波数カウンタ用局発の取り出しも終わった。 ハズ{%表情お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.7 アフリカだって聞こえた(≧Д≦)/Yo!!

音出しが終わったTEN 5球スーパー、MS-40A。 ふと、アフリカ聞こえないかな、などと思いつき、11735kHzにダイヤル、だいやる、Dial すでに20時間ほど前の、夜明け前のことである。 局発の取り出しを終えて無く、周波数カウンタをつけていなかったものだから、IC-R75で付近の強力な局を見つけて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.6

おかしい。何かがおかしい レストア中の、TEN製5球スーパーMS-40Aだけれど、音出しまで終了してしまった。 同調回路、局発回路周りの電線の長さは極力再現させているのだけれど、まったくもって無調整で、中波も短波もバリバリ聞こえている。選択度、感度とも、これまでにレストアした5球スーパーよりも良さそうだし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.5

おハルカス- 朝だ。時計は16時過ぎだと言っているけれど、朝だ。朝に違いない。朝だと思わなければ、せっかくの日曜日はあっという間に終わってしまうではないか。 彩加くんの「バオ●ブだって」云々を脳内再生した結果5月病を脱したわけでも、錦織圭選手が熱闘を繰り広げたからでもなく、単にインディー第4戦を観戦しよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.4

やっはろー と挨拶をしたのはいいけれども、我ながら背筋が凍りかねないので、ペタリとしておく。脳内再生よろ さて。 刺客No.003に放置プレイを決め込んでいるうちに、第4の刺客を送り込まれてしまった 三菱の5球スーパーで、スピーカーには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.3.15

5月病、恐らく和製英語ではMay sick。別に橘めいが恋しくて三千里の旅を始めようなんて考えているわけでもないし、メイを探してトトロの森を徘徊しようなんて思う病気じゃない。ま、いわゆる遊び疲れ、である。リア貧だって、遊ぶし、遊び疲れることはあるのだ。ただ、遊ぶ相手が現実の人間とか動物とかなのか、平面上の存在なのか、はたまた妄想世界の住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名誉あるEmerson 652の活動

今日は、くもっち おっと、これはツグミだ 残念ながら、今日は曇り。昨日、香子姫とのエアデートの最中にゲットした800番のヤスリの出番はない 西尾維新風に言えば、「しかし、だけど、だからと言って」ただホケているわけではなく、トランスレス真空管ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.3.14159265359

さて、さて、はて? ゴールデンウィーク、後半も2日めの半分を過ぎてしまった 刺客No.003 TENの5球スーパー。キャビネットにこびりついた白いブツブツは、結局、ヤスリで削り取ることに。ゴシゴシすること数時間。キャビネット外側の白いブツブツはなくなったけれど、傷だらけになってしまった。手持ちの紙やすりで最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.3

刺客No.003。 キャビネットを水洗いしてみたのだけれど、まだらまだらまだら ニャンコ先生でも困るって 藍色のボディに白いツブツブの乱舞状態。洗う前には気づかなかったけれど、それはもう乱痴気騒ぎ ホコリだらけだから、かえって喜ばしいなんてことを書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.2

さて、3台めの刺客の回路図を起こしてみた 可能な限り原型を留めるというレストアならば、対処療法で済むので特に必要もないかも知れないけれど、まぁ、抵抗値を測るついでである。 TENのMS-40A。実に模範的な回路である。バッサリと斬ってしまえば、「どこもかしこも同じ回路で作りやがって」で、オリジナリテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RADIO The ORIGINATION ep.1

アリシアさん ブログの新着記事一覧にホコリだらけの写真が載るのもなんなので さて、オクの世界からやってきた新たなる刺客 お財布様から隠匿すべくダンボール箱のママ放置プレイのハズだったのだけれど、なんか夕べ、ガサゴソ音がして{%表情苦手dek…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄光あるEmerson 652の昔日

IFTをとられてただのブツにされたEmerson 652も、その日のウチに何とか元に戻されたのは昨日の夕刻。ぷぁぁと紅色に染まる黄昏時だったり、藍色の禍刻ではなかったことが至極残念 それは、普通の、年に幾らでもあるただの夕方のことだった。 いいコトがあった日くらい、景色も祝福してくれても良いだろうにと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオがIFTをとられたら がをがを

さて、ゴールデンウィークである。 貧民フラグをバリ立てている人間としては、ホタテくんにポキッと折って欲しいトコロだけれど、恵くんならいざ知らず、ゴールデンウィークにまでモテ男子などに逢いたくはない。がをがを そのとーり。私は茜派だ 閑話休題。 とすると、エンガワで日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝統あるEmerson 652の再生

長々と検討した挙句 ま、ア●ヲタモードに入って、トムス某のなんとかの恋歌のイッキ見で、無印マクロスで2週毎に味わった感情を沸沸としてたりしただけですけど 結局、ハイインピーダンスのアンテナコイルを試してみたくて、あさひ通信の5球スーパーコイルの巻数を減らしてインダクタンスを合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化~儚き夢の欠片、きらめく星の導き、我が道を行くEmerson 652

↑はうーさー第4話「進化~儚き夢の欠片、きらめく星の導き、我が道を行くうーさー」にゲスト出演したニャンペローナ。いつものごとく、本文とは全く関係ありません Emerson 652の同調用ループアンテナを、オクで入手してあった取り外し品のスーパー用コイルに置き換えてみました。同調用ループアンテナは裏蓋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題児たちが古世界から来たようですよ?

レストアした2台の真空管ラジオですが、それぞれ10時間程の連続通電をしてみました。 Diatone 5P-220で電源投入後、2時間弱で電源が落ちるというトラブルがあったために連続通電することにしたのですが、12BA6を交換した後は一切発生していません。真空管の寿命ということで片付けていいんでしょうけれど、判断の基準にはちょっと迷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CMC、襲来 COMMON MODE CHOKE ATTACK

レストア作業が一応終了し、動作確認中というか、エージング中のDiatone 5P-220ですが、オリジナル状態の写真を見つけました。 あ、見つけたのは私ではなく、ググるくんです。グッジョブ、ググるくん アンティークつづれさんという和歌山のショップですが、写真の転載許可を頂きましたのでぺたりとしておきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑音、襲来 NOISE ATTACK

さて、Diatone 5P-220のレストアも終盤。 その後、更に4時間の連続通電をしました。7MHz, 9MHz台の海外日本語放送を順次追いかけましたが、多くの時間は7MHzの北京放送を聞いていました。 やはり、現行のラジオに比べると選択度の甘さが目立ち、9735kHzの台湾国際放送や9840kHzのベトナムの声は混信が気になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉響、襲来 TAMAYURA ATTACK

ついにダークサイドに身を落としたわけではないですけれど、深夜にちょっとがんばっちゃいました で、5P-220の配線完了。 音出ししてみました。懐かしい音ではあるけれども、なんか澄んだ感じの音がしています。これがDiatoneの音なんでしょうか 中波はノイジーなので原因を調べなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名状しがたいシャフトのようなもの

ホームセンター版延長シャフトというか、カップリング部分なんだけれど、トルクの必要なロータリースイッチには使用できませんでした 見事にスベります シャフトにネジが収まるようにドリルで傷をつけてやってもイイんですけど、お江戸に出たついで。シオヤ無線でカップリングを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レストア@がんばらない

Diatone 5P-220のレストアでR。 キャビネットはガラス用洗剤で丸洗いしたからそれなりにキレイになった。逆に、小さなキズが目立つようにはなったけれど 周波数表示部分のアクリルがやや変色気味で曇っている アクリル用研磨剤で磨けばキレイになりそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まっくろくろすけ、出た(*¨)

Emerson 652 model Bもなんとかカタチになって。次のターゲットは放置プレイを決め込んでいた本命、S38の電球交換&調整&周波数カウンタ取付などなどだったはずなんだけれど さらに長期間、放置プレイに合わされているDIATONEブランドの2バンド真空管ラジオの電源を入れてみた{%顔文字ファイトhde…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄昏親爺x健忘症

ついに合体。 といっても、ネジ2本締めるだけだったんだけれど ほぼ半日、電源を入れっぱなしにしてみたけれど、問題はなし。 出力管の上部がかなり熱くなっているけど、こんなもんか。オクなどで上部が変形した真空管ラジオをみかけるけど、あれって真空管の熱でやられてるんだよね 今どきの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡も、魔法も、ありそうだ

真空管ラジオのレストアも終盤。各種調整をしてみた。使ったツールはすべてこれまでにブログで晒してきた自作品である。 IFTもなんかズレていたみたいだし、トラッキングは同調コイルも局発コイルもインダクタンスを変更することができないからバリコンのトリマだけなんだけど、結局、局発以外は全部調整が必要だったみたい。まぁ、聞いた感じでの調整だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり侵食タイプか。厄介だな。

ケース自体はまぁ、目立つ傷もなくて、なんて前に書いたけれど、キレイキレイにしようかと日光の下で見てみると、結構傷があったり、汚れが酷い レストア中の真空管ラジオの話。 黒のパネルなんだけれど、なんか飛散したかのように白っぽい粒状の汚れがある。 で、水の激落ちくんをキムワイプに湿らせて、産まれたばかりの愛しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポロリはないよ、ゴン太くん

いやいや、レストア中の真空管ラジオの話題である。 日中、ホームセンターに侵攻する時間がとれた。 もちろん、BA9Sタイプ6.3V 150mAの電球の調達である。E10の口金のものが2個で158円、に対してBA9Sタイプは2個で198円と割高 で、ボリュームのシャフトを延長するために、アルミパイプも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過激にファイヤー!!

真空管ラジオのレストア。 いやいや、燃えてはいないって。 水で身を清めたかどうかは定かではないが、厳かに火入れ、である。 ガガ●文庫(ル●ル文庫ってなんだ?) ここに至って、やはりポカが発覚 これまで何事もなかったからソロソロだろうと覚悟はしていたんだけれど、パイロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大安日和、天気がいいならラジオ♪

大願成就 晴れ晴れ カナエタマエ いいコトありますように いいコトありますように 今日も 確かに今日は大安で、まさしく小春日和 ではあったけれど。 特にいいコトもなかったし、日中になにかできるわけでもなくて、まぁ、いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more