テーマ:我思故我綴

NDXC 40周年、ついでにSRIにもおめでとう

NDXC 40周年おめでとうございます すでに昨夕から前夜祭なるものが開催され、本日 9時より記念ミーティングが開かれるとのこと。さらに、昨年「高崎DXer'sギルド」が計画倒れさせたミーティングのライブ配信も行う模様。 http://www.ndxc.org/livecam…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

問題児たちがO宮に集まったそうですよ?

先週末に、第3回さいたま大宮ナイトオフ会が開催されました。ま、参加者総勢 9名のウチ、問題児に区分されるのは SRI と Sやま☆Aすか氏だけですが とても楽しい宴でした。参加頂いた皆様、ありがとうこざいました。そして、窮屈な席となったことお詫び申し上げます。 さて、生サイン入りブロマイドを配りまわ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SRIんち暗黒化計画ビフォーアフター

「なんということでしょう」 これが、 こうなりました 着々と進められていた SRI んち暗黒化計画も佳境を迎えている。 足場が取れ、圧迫感さえなくなったものの、お空は狭いまま オール木造なので、建物がこれ以上電波を遮断することはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冴えないBCLの育て方(1)と「第3回さいたま大宮ナイトオフ会」のお知らせ

ある春の日、俺は運命と出会った ま、残念なことにそれは地元で探偵坂と呼ばれるような場所でもなかったし、もちろん白いベレー帽がひらりと飛んできたわけでもない だいたいそれが果たしていつのことだったかもうろ覚えでしかないし、もしかすればその運命と…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

こうして彼らのまちがった青春(18きっぷの旅)が始まる。

さて、当日である。とりあえず、お寝坊することもなく、これから最寄りの駅に向かう 旅の友、青春18きっぷ、確認 とりあえず、↑のルートで進もうと思っているけれども、福島から仙台経由という方法もあって、Rakuten.FM を聞いてから本丸へというパターンもありかな、と少し悩んでいる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やはり俺の青春18きっぷはまちがっている。

今週末に迫った秋田旅行に際し、青春18きっぷを買ってみた。まぁ、18歳未満じゃなくても買えるぞ、だとかは聞いていたけれども、いざ、みどりの窓口に行ってみると、ちょっとばかりドキドキしてみたり 5日分で 11850 円也。ま、ボン●ーにはそれなりの金額で、いやいや清水の舞台に登るまでにかなりビビリまくったけれ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「世界の主要放送局 I.S.テープ」とか富山敬さんとか。

伝説の名機 ICF-5900 に遅れることおよそ 1年。1976年に登場したのが ICF-5950。 SRI はたぶん実物をみたことがない。数十年を経て、出張用にと、カセットレコーダー付きの ICF-SW1000T をチョイスしたくらいだから、やっぱりカセットレコーダー付きというのは便利だったのだろうと思う。 で、この …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRIんち暗黒化計画着々と進行中

数ヶ月で SRI んちが暗黒世界に堕ち、SRI 自体もダークサイドに身を寄せることになるなんてハナシはどこかで書いた。ま、結局その後 1ヶ月くらいは放置されていて、6月の末に工事が再開。1日基礎用の深さ30センチほどの溝?をぐるりと掘って、翌日そこにコンクリートを流し込む。ナンダカンダで 3日ほどで基礎関係が終わった様子。建築関係は全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GJ! to Deep space probe "New Horizons"

お決まりのボケをイッパツ。英語の某教科書にしようかと少し悩んだり さて、ご存知のとおり、恐らくはここのトコロばたばたしまくっていた SRI 以上にご存知のとおり、NASA の探査機 New Horizons から「オラ元気だぞ」的な信号が届いたらしい。どうやら、SRI 同様に、いや、恐らくは SRI の数億倍バタバタしていて、連絡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

継続するネパール向け特別放送と、備えあれば憂いなし

ネパールでの大地震からは1ヶ月以上が経って、報道されることも少なくなってきているようですが、KTWR と BBC によるネパール向けの放送波依然として継続されています。チェックしているのは夜間のもののみですが、いずれも良好に聞こえています。使用言語がネパール語なので、内容については全く理解できません。 KTWR 2300-000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコン止まりま●●(0?+12)~SRI、貴重な時間を浪費する

Mini-Whip のシールド化をウンヌン言っていながら、別のコトをしていたとしても、もはや誰も驚きはしないのが SRI の SRI たる所以 トンデモヘッドアンプ(適当)を 2T(中点を接地)に対応させたヘッドアンプをケースインしたのは今を遡る 14日のこと。ま、一週間以上放置しておいたわけだけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCLファッション通信(まさか?の第2回だけれど最終回) SRI、バトる

BCLは趣味の王様の関山レイ氏に対抗した記事をアップしたのが昨日の今頃のこと。この挑戦状を受けて立ったのが関山レイ氏 記事を捧げられてしまった 案の定今回も毎度おなじみ的にこれといったイケてるウェアは売ってませんでした。メンズの方は。 とは関山レイ氏の「ファッションセン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BCLファッション通信(第1回にして最終回)

BCLは趣味の王様の関山レイ氏に対抗して おしゃれ系の彼が絶対にチョイスしないだろうトコロを Sablon Kaos Andalas なるインドネシアの服飾企業のオーダー品のようです。ググるくんいわく、「刺繍モノもプリントモノもできるけど、2ダースからね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコン止まりま●●(0?+10)~SRI、ダークサイドに堕ちる

さて。 ある日、というか昨日。アンテナと「くんずほぐれつ」する濃密でありながら怠惰な時間を過ごす HP を根こそぎ持っていかれるできごとが起きた お隣のエアコンが、どころのお祭ではない。 それは、一通の信書から始まった。もちろんクロネコヤマ●が届けたわけでもないし、郵便局が届けたものでもなく、単…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第一回SたまO宮ナイトオフ会ルポ

4月4日、17時から催された「第一回SたまO宮ナイトオフ会」で、S山氏と若手のT田氏に遊んでいただきました O縄料理店で軽くダベリ、これぞ大衆酒場的な飲み屋で軽快にダベる。ま、言ってしまえばそれだけのことで、そもそもS山氏は T田氏の準備した「ラジオネタ」に喰いつくそぶりも見せない{%顔文字驚き…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

こうやって面倒くさいことから逃げていくのね…VOA Radiogram Flmsg format

VOA Radiogram の101回目の放送。ついつい武田鉄矢がトラックの前に飛び出すシーンを思い浮かべてしまったけれども、数ヶ月ぶりに"flmsg"フォーマットの電文が含まれるとのことだったので、 If you do not have an updated version of Flmsg (the latest is 2.0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G馬のBCLに会いに行く・後編の後編

だいたい、読書感想文とかいう某が苦手で、国語の成績はある意味恐ろしいものだった それは多分ブログの文章を見ていれば想像がつくのだろうけれど、正直、直後には「面白かった」か「面白くなかった」かといった感想しか持っていない。面白ければ何度だって、それこそ間髪を入れずに繰り返し繰り返し読む。読んだもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

aitendoさんのシン直営店、電撃見参ス

旬なんてとっくに過ぎていて、今更感がバリ、なのだけれど、aitendo のシン直営店に初見参 どうやら「見参」とは、対面・面会の謙譲語らしいということは知っているものの、毎週水曜日の行動を「参勤交代」と名づけているのだから、ま、善しとしようか。 昨年の8月末に移転してオープンしているので、半年目にしての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G馬のBCLに会いに行く・後編の前編

いくら文字を伏せたトコロで、G馬はS玉のお隣の県であることなどバレバレで、恐らく殆どの人は「湘南新宿ライン」だとかで行くのではないかと思う。あるいは、リッチな時だったり、交通費が会社持ちだとかだったら、新幹線でピューと行くのではないだろうか 言わずもがな、ボ●ビー代表の私が使うのはそのいずれでもなく、一部で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G馬のBCLに会いに行く・前編

G馬在住のBCLと交際30年を経て始めてお会いしたのが先月の末。わずか3週間後に再びお会いすることになったのだけれど、今回はK本出身の先輩BCLを含めた、T崎ナイトオフ会なる催しだった。T崎へはメインルートではなく、地元では「やったか線」と呼ばれる裏ルートを使っての移動…と、詳細は後編で T崎DXers…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。~TR-4400 前期型(1) とかとか

毎週水曜日のお江戸侵攻、以前にも愚痴ったような気もするけれど、電車事故に合う率が高いように思う。もちろん、統計をとったわけでもないし、いわゆる被害妄想というヤツだろうけれど、参勤交代を年に50回行うとして、そのうち 5回電車事故に遭遇したら、その遭遇率は10%。この位はあっているような気がする
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉食者達

我らが Nack5 の GOGOMONZ とサークルKサンクスのコラボによる「ニクモンズ」と「ウマモンズ」 たまたま立ち寄ったサン●スで話題沸騰の「肉食者達(ニクモンズ)」を発見 時はすでに12時51分。パンもお弁当もほとんどない閑散とした棚に、そいつは2段重ねで何かを主張していた{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G馬のBCLがやってきた、ヤァヤァヤァ

G馬のBCLがやってきた。ネットだとか某サークルでのつきあいは30年を超えるのだけれど、実物にお会いするのは初めてである。今日会おうというのは数ヶ月前からキマっていたとはいえ、昨夜からは何か初恋の人にでも逢うかのようにドキドキしていた ま、初恋の人に再開したこともないし、そもそも、恋多き●●だったから、どれが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

謹賀新年

昨年も一年間駄文におつきあい頂きありがとうございました。 みなさまにとって健やかな一年にならんことをお祈りいたします
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BCLの王子様社刊 BCL大好きマガジン「BCLは趣味の王様」、月刊化か?

伝説の編集長率いるBCLの王子さま社ではBCL大好きマガジン「BCLは趣味の王様」の原稿募集を始めた。締め切りは毎月月末と告知されているので、ついに月刊化となるのだろうか。 画像はイメージであり内容とは関係はありません 詳細は、ブログ「BCLは趣味の王様」にて。 なお、11月にはBCL大好きマガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2014年11月29日土曜日 雨のち曇りのち晴れっ

さて、土曜日。 土曜日といえば、R. Verdad と VOA Radiogram と PCJ の Song of India と北乃カムイ、私の脳みそはこれだけで精一杯である。 ま、大抵の場合というか、ほぼ毎週なのだけれど、R. Verdad や VOA Radiogram は聞こえてくれなくて、更に「もにょもにょラジオ!(適当)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ペディション2014とか、憑物語は大晦日22時放送、とかとか

まもなく師走。忘れてはならない年末の行事をメモしておくことにする。 グタグタを書いているけれど、まとめれば、 12月23日(祝) 1100-1600 ラジオライフ東京ペディション2014 秋葉原ベルサーレ 12月31日 2200-2400 TOKYO MX, BS11, niconico 『憑物語』 全4話一挙放送 と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IBC岩手 今年2通目は35日で「返信アリ」

IBC岩手放送の6月の受信報告に対して166日で返信があったことはすでに記事にしているけれど、ヤギさんに食べられてしまったことを想定して、10月に再度レポートしていたりする いつもならば放置なんだけれど、今回ばかりは明らかにベリカード収集が目的だったので、2通目を送ってしまったのだった。 こちらへの返信が、わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の編集長、カムバック

いわゆる内輪ネタ、回顧ネタである。 かつての古き良き時代の日本にはいくつかの全国規模の大きなBCLクラブがあった。そのひとつがKDXC(関東DXersサークル)で、残念ながら今はもう歴史上の存在になってしまっている。BCLブームを牽引した月刊「短波」誌なきあとの同サークルの発行する会誌「CALL SIGN」は麻●のように私を蝕み、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

地中海の声 日本語放送を偲ぶのは週末のけだるい昼下がり

地中海に浮かぶマルタ島とゴゾ島、コミノ島の主に3つの島で構成されるマルタ共和国。面積は東京23区の約半分、世界銀行による2013年の人口はおよそ40万人程度の、いわゆるミニ国家のひとつである。歴史上では「マルタ騎士団」だとか「マルタ会談」だとか、映画ファンならば「グラディエーター」や「トロイ」などの撮影地として、名前を聞くのだろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more