テーマ:ロシアの声

We love "Voice of Russia"! again

日露友の会ペーチカの掲示板・ペーチカ交流広場で拡がっている「現・ラジオスプートニク」への抗議運動の一貫として制作されたビデオメッセージの hosokawa666 さん版が公開されています。 ニコニコ動画版は→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm26556709 オリジナル版はこちら。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

We love "Voice of Russia"!

日露友の会ペーチカの掲示板・ペーチカ交流広場では、同局の熱心なリスナー有志が、ラジオ・スプートニクに対して、現状への不満と改善を申し入れるために活動を始め、アピール動画を制作していたが、この度正式版が公開された。多くの「いいね」を集めることでアピールしたいとしている。 以下、制作者のメッセージ。 皆さんも御高…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

We love "Radio Voice of Russia"!

さて、日本語放送ファンの SRI もまったく聞かなくなった局が「ラジオ・スプートニク」なるニュース専門局。北米あたりではニュース専門局は一般的だし、ラジオ・タイランドの日本語放送あたりもニュース専門局といえばそうなるのだろうけれど。 日露友の会ペーチカの掲示板・ペーチカ交流広場では、同局の熱心なリスナー有志が、ラジオ・スプート…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラジオ・スプートニク 後閑さんからもリスナーへのメッセージが届く

ラジオ・スプートニクからニュース系以外の番組がなくなったことをうけて、日露友の会ペーチカの掲示板「ペーチカ交流広場」で MMM in Pechika を開始した日向寺さんにつづいて、同局の後閑理恵さんも「リスナーの皆様へ」のタイトルでメッセージを寄せた。 モスクワで満開のライラックの写真とともに、ラフマニノフ作曲の「Сирен…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ・スプートニクの日向寺氏、ペーチカ掲示板でMMM in Pechikaをスタート

まず、皆様から絶えず温かいお励まし、心のこもったアドバイスを頂きながら、私どもの力が足りず今回のような状況を迎えてしまい、本当に申し訳ありません。この場をお借りしてお詫び申し上げます。 どうかお許しください。25年以上、音楽番組を担当してきた人間としては、まさに茫然自失といった感じです。 (日露友の会ペーチカの掲示板「ペーチカ交流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他が伝えないことを伝えたラジオ・スプートニク

「他が伝えないことを伝える」ことを使命とするラジオ・スプートニクの日本語放送は、25日の番組の冒頭で、 ラジオ・スプートニクは、世界情勢の緊迫化に伴い、それに然るべく対応するために、ラジオ放送の中ではニュースと情勢分析のプログラムのみをお送りすることになった。 と伝えた。 細谷さんの国際短波放送情報によれば、23日のお便り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Radio Sputnik 日本語番組の放送起点が正常化

ロシアの声(ラジオ・スプートニク)日本語放送リスナーズクラブ・ペーチカのBBS「ペーチカ交流広場」への投稿によれば、これまで翌朝 6時になっていた放送起点が、以前のとおり 21時となったことが報告されている。なお、4月16日にはすでに確認できたとこのと。 4月18日にストリーミングをチェックしたところ、ロシア時間の変更に伴う混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ・スプートニク、アクセス半減で日本語課存続に暗雲 忌憚なき意見を募集中

すでに 5日ほど前のことではありますが、ロシアの声日本語放送リスナーズクラブ・ペーチカの掲示板に細谷さんが投稿した記事によれば、 ラジオ・スプートニクが新サイトを公開してから 2週間ほどで、アクセス数が半減し、課の存続に関わる大問題となっている とのこと。 このための忌憚なき意見を求めている、というのが記事の大意。 メー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KBS World Radio A15スケジュールで 9805 kHz復活か、とか

3月23日付の HFCC A15スケジュールによれば、現在使用されている 6095 kHzに替わって18時から20時の放送に 9805 kHzが登録されている。 なお、公式にはアナウンスされていない。 3月24日、ホームページで告知されました。 日本語放送では、今月29日(日)より、受信状況改善のため一部周波数の変更を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ・スプートニク、日本語のWebサイトを公開

昨年、組織変更されたあともホームページでは依然「ロシアの声」のままでしたが、日本語の新しいホームページが公開された。 http://jp.sputniknews.com/ ホームページの「ライブ」から 24時間、ラジオ・スプートニクの日本語放送を聞くことができる。 「ロシアの声」改め、「スプートニク」へ 親愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Radio Sputnik 徳永勇樹さん、研修を終え帰国へ

Radio Sputnik の徳永勇樹(とくなが ゆうき)さんが、3ヶ月間の研修を終え帰国の途についた。同氏は帰国直前まで番組に出演し、その模様は 3月7日付の「お便りスパシーバ」で聞くことができる。「お便りスパシーバ」は、"16-00"の音源の24分過ぎから始まる。 ■日本人ジャーナリストの卵から見たロシア (Radio S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Radio Sputnik, Telling the untold - ポールは影武者!?

さて、ラジオ・スプートニクに局名変更したはずの旧ロシアの声。未だ「ロシアの声」のロゴがババンと出ているトコロのロシアの声の日本語のホームページから「興味深い」近着記事をペタリ 組織再編以降、一時パワーダウン?というかトーンダウン?してしまったように感じていたものの、完全復調のキザシ{%グットハート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KTWR(フレンドシップラジオ) 年内放送分のお便りを締め切り

毎週土曜日2115から30分間 9975 kHzで放送されている KTWR(フレンドシップラジオ)は、相変わらず良好に聞こえている ウチでは、巷で騒がれているような信号強度はなく、S = 9+10dB程度だけれど、混信がないのでとても良く聞こえる。ウチは NHK第一と第二以外を聞くためには外部アンテナが必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Radio Sputnik, Telling the untold - ヴァンガの予言公表か

ブルガリアの盲目の予言者ババ・ヴァンガ、本名はヴァンゲリア・パンディヴァ・ディミトローヴァ。東スポWebの記事によれば、ブルガリアで知らない人はいないと言われるほどで、1996年の葬儀は新聞の一面を飾り、ブルガリアの大統領も参列したと伝えられている。ググるくんが見つけた彼女の予言の一部は→「ブルガリアの盲目の予言者ババ・ヴァンガが預言す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Radio Sputnik, Telling the untold

さて、ラジオ・スプートニクに局名変更したはずの旧ロシアの声。英語放送以外のホームページには未だ「ロシアの声」のロゴがババンと出ているトコロのロシアの声の日本語のホームページから「興味深い」近着記事をペタリ 10月にAR2192が猛威をふるっていた頃に話題になった話だと思われるのだけれど、再燃してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Radio Sputnik from WRN

局名を Radio Sputnik に改めた The Voice of Russia、新しいSputnik international 以外のホームページについては依然として「ロシアの声」、「The Voice of Russia」など旧局名のまま使用されており、各国語のホームページのリンクのいくつかは機能していない。 そのひとつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、ラジオ・スプートニクに改称

The Voice of Russia の英語のストリーミングを聞いていたところ、22時台には Radio VR をアナウンスしていたが、23時直前に、The Voice of Russia は Radio Sputnik に変わるとの告知があり、2300には"You're listening to Radio Sputnik, T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、ラジオ・スプートニクに改称か

11月10日、22時から新情報ブランド「スプートニク」の発足会見が始まり、同時に、RIA NovstiのホームページはSputnik internationalに変わった。アドレスは、http://www.sputniknews.com/  また、ロシアの声日本語のホームページにも「スプートニク」の記事が掲載された。2210現在、F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、新局名の発表は日本時間22時

NEWSGEORGIAによれば、Rossinya Segodnyaは11月10日モスクワ時間16時(日本時間22時)から記者会見を行い、新しいブランド「スプートニク」についての発表を行うとのこと。 "Россия сегодня" в понедельник проведет презентацию нового бренда …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、名称を変更へ

11月8日のお便りスパシーバで、11月10日よりロシアの声は局名を変更することが告知された。なお、11月8日現在、新しい局名の公表は許可されていないとのことだが、"Sputnik(スプートニク)"との情報もある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声が伝える「アスペラトゥス波状雲」

●スポ的なノリで話題を伝えるロシアの声のホームページ。正直、どこまで信じたら良いのか悩むことも多い それでも、知識欲というか、なんかそんなトコロを刺激してくれるし、満たしてくれるのも確かなトコロ さて、11月7日付で、ここ数年話題にあがることが多くなっている「アス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声 後閑さん、時刻に関する機関に移動!?

冬時間への移行後、放送時間に混乱が見られるロシアの声。10月30日以降、ホームページのストリーミングは21時から出ていますが、11月4日現在、依然として前日の番組のママ もちろん、http://japanese.ruvr.ru/play/ や、tunein など24時間放送しているチャンネルでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声 日本語放送、スポーツクイズ&アンケートの締め切り迫る

BCL的には、最近はロシアの声のインターネット放送を聞き流している時間が多くなっています。ちょっとした混乱を楽しんでいるわけですが、今年4月に発表され一時はどうなるのかと思われていた「スポーツ・クイズ&アンケート2014」の告知がガンガン流れていますので一応ペタリと。クイズ&アンケートの締め切りは、2014年11月20日、メールの場合は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声インターネット放送、時刻アナウンスは正常に

10月26日(日)の冬時間移行後混乱を続けているロシアの声のインターネット放送。依然としてストリーミングは前日の放送が出ているものの、オンデマンドに登録された10月31日の放送からは一回目の時刻アナウンスがモスクワ時間午後3時、二回目はモスクワ時間午後4時になっています。これまでは日本時間21時放送分であるはずの一回目は「モスクワ時間午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、ロシア語講座を再開

今年4月から始められたロシアの声インターネット放送の「ロシア語講座」。5月の一時休止とともに第五課で中断していたが、10月29日から再開され、第六課が放送された。水曜日の22時台のレギュラー番組となる模様。 ■ロシア語講座(ロシアの声) ■第一課(2014年4月2日 17-00) ■第二課(2014年4月9日 17-00)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、開局85周年を迎える!

ロシアの声が85歳の誕生日を迎えた。同局のホームページから、ツッコミどころ満載の記事をペタリとしておく。 ■ロシアの声、開局85周年を迎える!(ロシアの声 2014年10月29日) ロシアの声は10月29日、開局85周年を迎えた。毎日、ロシアの声は全世界にロシア外交政策の原則や目的について詳しく解説し、ロシアが隣人たちの平和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UFO発見、NASAが認める!? (ロシアの声 10月25日)

ロシアの声の日本語ホームページはUFO関連の記事が満載といっても差し支えないだろう。10月分をおおまかに抜粋、ペタリしてみることに ■UFO発見、史上初めてNASAが証拠写真を本物と認める(ロシアの声 2014年10月25日) 米国の研究者らはネット上に、 国際宇宙ステーション脇をUFOが飛び去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声が伝える初開催の「F1ロシアGP」

2014年のF1世界選手権は全19戦。このうち、日本向けの日本語放送を行っている国は、中国とロシアのみ。ロシアの声は残念ながら現状はストリーミング放送だけである。中国国際放送(北京放送)は2013年まではF1に関して報道することもありましたが、今年はスルー。国家プロジェクトと伝えられるチャイナレーシングがエントリーし、オランダ生まれの中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、ついに日向寺さんも復帰へ

7月24日の和田達朗さんの復帰を皮切りに、真野佳名子さん、後閑理恵さんと続いた復帰劇。チーフの日向寺康雄さんの復帰が待たれていましたが、9月1日のMMM(モスクワミュージックマガジン)で復帰されたことを、ロシアラジオメモブログが伝えている。 8月28日にモスクワに戻られたとのことで、ロシアの声リスナーズクラブ・ペーチカの掲示板に、メッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの声、短波放送を再開か?

すでにHiroshi OMのブログでも詳細に触れられていますが、ロシアの声がHFCCに周波数を登録したとのこと。10月1日から出てくる可能性があるのですが、果たして。 日本語放送は↓として登録されています。 2100-2300 on 5935 IRK 100 kW / 110 deg to EaAs Japanese …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more