テーマ:マイコン

PICでラジオ用周波数カウンタを作るx☆☆☆(1)

3期の始まりである。 「大将」候補となるカウンタもあるんだけれど、まだちょっと良くなるんじゃないかと、つけ上がり気味で実験を進めてみたりする 2期までで、マイコンはPIC18Fシリーズという一応の結論を得てはいるけれど、前置アンプは一貫してC-MOSインバータ 74HCU04に抵抗で負帰還をかけたものを使用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(6)

新年度だからことさら忙しいだとかではなくて、ましてや新学期だからなんて理由じゃないんだけれど、更新がちょっと停滞気味。 ま、真空管ラジオのレストアが降って湧いてきて、そのための準備で手一杯ってのが理由なんだけれど とりあえず、なんとか使える部品と交換する部品の選別は終わって、あっちこっちチョコチョコと問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(5)

中堅。 PIC18F1220を使った16文字x2行LCDのラジオ用周波数カウンタ。 16文字x1行LCD表示だった先鋒を、入手が容易な16文字x2行のLCD(SC1602B)にしただけ、です ハードウェアは次鋒のPIC18F1320のブツと同じですが、RA4に割付られているタクトスイッチは使用しませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とあるレシプロカルカウンターへの恋歌

2014年、最初のポールシッターとなった佐藤琢磨は頑張ったと思うし、これからが楽しみ で。 優勝したWill Powe●なんだけど、なんか「終了のお知らせ」をしたいくらい。あの行為をクレバーとかイイたくないし、去年からベテランらしからぬ行動が多いような ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(4)

さて、次鋒。 イロイロと検討した結果。 ウソップモード入りました 「さて、次鋒。」と書いてから、最初に思い浮かんだブツにします。 PIC18F1320を使った16文字x2行LCDのラジオ用周波数カウンタ。 基本的な処理は、先鋒のブツと同じ、校正方法も基本的には同じです。機能を追加し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(3.428571)

全部、予告と内容が異なります 予定していた「ミス・マクロス」は、ナカノヒトの都合により…あれっ、ナカノヒト、プリキュアに出てなかったか? あ、これはハッピーだ 閑話休題。 さて。 PIC18F1220を使用したラジオ用周波数カウンタ。 ファームウェアをアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(3.285714)

で。 訳あって、記事を分割 以下、つづき。 実際にラジオ(真空管ラジオ)につないでみたものが以下。 ↓594kHz NHK東京第一 使用したラジオは、学研大人の科学の真空管ラジオ(0-V-2)を改造した3球レフレックススーパー。画面、ほぼ中央にある赤いLED(キャップがかぶせてあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(3.142857)

さて。 つづき。 重複するが、測定結果でR。 で、時間も無駄だし、スペースも無駄なんだけれど、無駄だとは思いつつ写真を撮ったので貼っておく ↑50kHz入力。オフセットなし。 ↑100kHz入力。オフセットなし。 ↑250kHz入力。オフセットなし。 ここま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(3)

先鋒は、PIC18F1220を使った16文字x1行LCD表示のカウンタ 基本仕様は、用途はラジオ用。中短波帯において周波数を0.1kHz単位で表示できるものとし、オフセット周波数は-455kHz固定とします。また、測定の絶対基準となるものを持っていないので、水晶発振子の負荷容量を調整して校正できるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(12)

サクラサク。 藤田麻衣子さんのメジャーデビューを祝うハレの日に、不穏な空気を発する●埒者が出現しているみたいですが 水曜日といえば、参勤交代の日。お台場ヴィーナスフォートで行われた藤田麻衣子さんのフリーライブの時間には間に合わず ヤル気も消失してはいるんですけど、祝砲がて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(11)

コツコツと。 パターンの修正なんかをしながら、部品実装とテストをしています。 サラッと流しましたが、前置アンプに使用している74HCU04の電源が逆になってたりしました 私のやること、さすがに何もないとは思っていませんでしたけど、おさびし山のブルース、入ってます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(10)

ただいま深夜2時30分。 ラジオ用周波数カウンタ5種計10枚のマジックカキカキ基板が完成した 1種類増えたのは、生基板のハンパが出て、なんとか部品が載りそうだったから 10枚なのは分割基板だから。 明日から(今日からか)コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(9)

さて。 SS(8)はココである。 スケジュールは圧しまくっている ええ、妙な事を気にする好奇心の猛獣でなければスケジュールもここまで圧さなかったでしょう。 好奇心の猛獣? すいません、亡者でした。 などと、ネタを仕込んで余裕をかましている状態ではない マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18F14K22でも周波数カウンタはできるそうですよ?

アキハバラからやってきた問題児PIC18F14K22、もとい、切望されて召喚されたPIC18F14K22。 周波数カウンタを作る際の問題点についてはココとココで書いた。というと、なんかPIC18F14K22がオ●カサマのような誤解を受けそうだが、オバカサマは選定した私のほうである。 オバカサマだろうがなんだろうが、黒ウサギにツッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(7)

予算申請が却下されたままにもかかわらず、かつやの「いっちょう」の誘惑に耐えて求めたPIC18F14K22。 「TMR1,3の外部入力であるT13CKIが外部クロック入力(OSC1)と兼用であり、外部クロックで動作させようとすると、周波数入力はT0CKIを使わざるを得なくなり、TMR0でカウントするしかない」という問題点が発覚したことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(6)

水晶発振子の負荷容量をトリマコンデンサで微調整した時の安定度をテスト中の今日このごろ。 ま、電源入れっぱで30分おきに表示周波数をチェックしてるだけなんですけど 7セグ表示を5桁小数点付きにすべく準備した20PINのマイコン、PIC18F14K22のデータシートを眺めていたら{%顔モジヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(5)

実験中のラジオ用周波数カウンタですが、PIC内部のプリスケーラ切替機能付きまで進化?しました 今週末には基板化するものを選別してカタチにしたいと考えていますが、果たして これまで実験したものは 1) 8MHz内部クロック動作7セグ4桁表示・ソフトウェアキャリブレーション付(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高精度クリスタルオシレータがやってきた、ヤァヤァヤァ

カムイミサイルが炸裂したF1オーストラリアGP。 結構楽しみました リカちゃんも、マグちゃんも良かったけれど、ワクワクさせてくれたのはボッちゃん 古豪ウィリアムズ復活フラグを立てちゃいましたね。 ボッちゃんの走りで、マッさんは更に激昂したでしょうね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(4)

さて。 秋月で67.1088MHzのオシレータを購入しました どこまで計測できるか確かめたかったからなんですけれど。 実験中のPIC18F1220バージョンに入力。 計測できちゃいました で、67.1088MHzで校正してみたところ。 ↓32.000M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(3)

PCJの特番なんですけど、残念ながら間に合いませんでした さて。 タイトルは「PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS」なんだけれど、今回は周波数カウンタ自体の進展はない あまり時間がとれなかったので、気分転換。あまり時間がとれない状態で、新しいことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(2)

PICでラジオ用周波数カウントを作るぞプロジェクトもセカンドシーズンとかセカンドステージとかに入ってきた ワンクールはやっぱり12回くらいだろうし まぁ、にべもなく予算申請が却下されているから専念しているわけですけど 作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(2)

まずは、黙祷。 PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(6)とか、PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(8)とか、PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(9)とか、PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(10)とかとかで実験した、「内蔵クロック動作ラジオ用簡易型周波数表示器(仮)」とか、PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞSS(1)

ここまで実験を続けてきたラジオ用周波数カウンタなんだけど。 これまでの実験では、計測時の割り込み回数を減らすのが最良だという方向性が出ていて、結果、ON/OFF制御のできる16ビットタイマが2つ必要というのが結論 PIC16F88あたりでも、TMR1をゲート監視に使ってTMR0で周波数をカウントすれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(12)

ラジオ用周波数カウンタに、珍しく専念しているわけですけど 先日、PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(1)でサラしたブツ、表示的には9999kHzまでしか対応していないんですよね まぁ、これは7セグ5桁にすることで解決しようと思っていたわけで。 でも、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(1.5)

同じコピペなら、hexデータのほうがよくね と、リアでのご意見 どうやら、↓ここから。↑ここまで。をコピペして新しいファイルを作って、拡張子を.hexにすれば実行ファイルになるらしい まんま、ライタで書き込めるらしい そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作ったぞ(1)

こんにちハルカス- さて。 はるちゃんとの熱愛の記録、もとい、ラジオ用周波数カウンタとの激闘の記録、もとい、ハマりの記録は↓ 拙ブログより、8MHz水晶発振子をぶら下げたタイプのもののみ、抜粋です。 PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(7) PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(8)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(11)

さて。 「内蔵クロック動作ラジオ用簡易型周波数表示器(仮)」からは一旦離れて。 8MHz外部クロック動作の周波数カウンタ。 ここの記事を書きながら気づいた↓ この考え方からすれば、8MHz外部クロックの場合の1000kHz(1MHz)時の入力↑は999.904kHzですから、999.904 / 1000 = 0.99…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(10)

さらに引き続き。 「内蔵クロック動作ラジオ用簡易型周波数表示器(仮)」の実験 前回検討したとおり、内蔵クロックを1MHzにして、カウント時の割り込みは1回にします。 TMR2の設定は、4(us) x 11(PPS) x 16(PS) x 142(PR2) = 99968(us) 。 TMR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICでラジオ用周波数カウンタを作るぞ(9)

引き続き。 「内蔵クロック動作ラジオ用簡易型周波数表示器(仮)」のテストを行っています で、〆(._.)メモメモ ゲートタイムの監視に使う割り込みの回数を減らしたらどうなるか。 これまでのテストは1ms割り込みを100回で100msとして行ってきました。これをTMR2のポストプリスケーラと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more