テーマ:ラジオ・受信機

襲来!T崎からの刺客

さて、お預かりした IC-R71 との戦闘も膠着状態にハマっているなか、某☆某氏からさらなる刺客が放たれた まぁ、そう遠くない未来に、記事を見つけた某☆某氏が「あー、そいつなんちゃらって名前だから」とかコメをつけるだろうから、隠すまでのこともないのだろうけれど
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

あのR71で待ってる。(01)『R71といっしょ…』

IC-R71 がやってきました。1週間前のことです。 残念ながら SRI のものではなく、ひまつぶし用ということでお預かりしたものです FUNC の LED が接触不良で点かないことが多い。内蔵スピーカーからの音が割れてるというのがオーナーからの連絡事項。 電源を入れてみるとな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017年にFM放送が姿を消すノルウェー、人類補完計画は着実に進行中か

そういえば ノルウェーでは DAB に完全移行し、FM放送が姿を消すそうな。もはや魔法の呪文なのが「デジタル化」 人類補完計画は、ヒトのデジタル化によって達成されるのかも知れない。 「デジタル化」が消すFMラジオ ノルウェー2017年「世界初の全面停止」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SRI、DSPラジオチップを使ったダブルスーパーを目論む

いつも技術的に興味深い記事を掲載されているのが kerokeronyororo さんのブログで、こっそり拝見させて頂いています 5月21日付けの記事「Eton Satellit (その2)」によれば、 このチップの前段に適当なフロントエンド(ATT、LPF/BPF、RFアンプ等)、1stミキサとそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (09)~SONYのICF-5800っかAS Episode 0.214

FAX受信にハマったり、帰宅がテッペン間際の日が続いたこともあって、捨てちゃうぞ攻撃を命かながら凌いだあと 100均のバケットに放り込まれたまま放置された TRY-X 1500。バケットにポン、という状態でも一旦片付けてしまうと後回しにつぐ後回しになるのは私の常 キレイなお姉さんやお子ちゃま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (8)

100均グッズで TR-4400 の"SONY"エンブレムとバンド切替ツマミを何とか製作したトコロまでが前回。TRY-X 1500 の電池蓋だとか、真空管ラジオのツマミだとかも作ってみたいという好奇心は抑えることができず、結局手配したのが「Be-J 型取りはじめてセット」、税込み 5,658 円の品だ{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Onkels und Empfanger

血縁者でもないのに Onkels はオカシイだろうだとか、ウムラウトがたんねーゾだとか、そのヘンは平にご容赦頂きたい 前者は"ls"で終わりたかったからだし、後者はウェブリブログの仕様で、タイトルに使うと"Empfänger"などと変身させられてしまうからである。本文中では"Empfän…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無電源ゲルマラジオはエアコンノイズを食べるか?

鉱石ラジオに関するネット上の記事をアレヤコレヤ斜め読みさせて頂いている あたりまえだけれど、「斜め読み」といっても本当に斜めに読んでいるわけではないし、文章をすっとぱして読んでいるわけではない。難しそうなトコロを空想で補いながらスルーしているだけである 以前、FMゲルマラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONYのICF-5800っかAS Episode 0.10238

大事なことなので繰り返すけれど、一部の画像と本文はまったく関係ありません ダイヤルユニットのバネのドナーとなった 3台めの ICF-5800。ボスが折れていたり、両耳がポキリとなっていたり、電池の液漏れで茶色くなっていたりと、個性で片付けるには忍びない状態であることはすでに書いた。 エステを繰り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオを追う元子ども

さぐり式の鉱石ラジオのキットがあることを知ったのはおよそ 2週間ほど前のこと。もちろん、ロクセンナンボのタイ米、もとい大枚を叩く余裕などあるはずもありません となると、「自作(つく)る」という選択肢しかないわけで。 とりあえず、見てみました 「さぐり式の鉱石ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (08) 『TRY-X 1500、守った』

4台め、3番の TRY-X 1500 のボリュームやスイッチの洗浄、電解コンデンサの交換は順調に終了 まだ前面パネルや後面パネルのキレイキレイ作業は残っているけれど、おおまかにはお掃除してあるので、「何とかしなさい」攻撃から逃れることができた 春の気温になってもなお、お隣のエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (07) 『TRY-X 1500、ハマった』

同じことの繰り返しで、辟易感が漂い始めた TRY-X 1500 のメンテナンス。もちろん、大きな問題は抱えているものの作業自体は順調に進んでいることは善いことで、どこの誰にだかはわからないけれど感謝しなければならなかった った さぁ、お喜びあれ。感謝す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (7)

まずは重要なことから。 埼玉の某地方では気温が20℃ほどになったとある日、いつものとおり UVレジンを詰め込んだ「おゆまる」に日光浴をさせて放置していたのだけれど、 帰宅後に見てみると「おゆまる」が見事に変形{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (6)

エヴァシリーズ、完成していたの? シリコン型のほうは数日日光浴させても依然として固まりません UVレジンは薄くしか固められないそうで、肉厚のあるパーツはおゆまる型のほうも内部はまだやわらかい様子 ま、インクで着色している影響もやはりあるようで、シリコン型でも透明なま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (06) 『TRY-X 1500、ネバった』

2番の TRY-X 1500 の調整は後回しにして、4番のメンテにとりかかる エアで軽く吹き飛ばしたものの、結構なホコリが貼りついていて、スギ花粉がバリ飛び交うなかでも花粉症にならないくらいアレルギーというものに無縁なワタシは気にもしない(流れでついそう言ってしまったけれど、決して気にならないわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (5)

案の定というか予言どおりというか、シリコンによる型取りは満足できるものにはならなかった ま、失敗すると思っていたものが失敗しただけの話で それはすでに昨日の失敗、今日のNEωなワタシが失敗したわけではないので、この件で凹む必要もない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (4)

何事も実験である ↑おゆまるで作った型におゆまるを詰め込んで出来たブツ。案外、アリかも 材料費は型も含めて税込みで 72円、作業時間…プライスレス 樹脂粘土も乾燥してしまえば強度の問題はなさそうだけれど、離型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (3)

Saitama Radioholic International さんというウサンクサイ奴からお便りを頂いた 初期費用がロクセンナンボかかるとした、樹脂成形についてである。早速紹介しよう。 こんにちは。 今日はどんなおバカなことをやっているのかが気になって、ハマれーハマれーハマれーと念を込めな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (05) 『TRY-X 1500、直った』

マルハダカにされた TRY-X 1500 (2番) もちろん、ひん剥いてハァハァと眺めているのが目的ではないし、ましてや女性恐怖症を治すためにサンオイルを塗るわけでもない。 大事なトコロだから繰り返すけれど、断じてひん剥くのが問題ではない。 スイッチやボリュームの接点を磨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (04) 『TRY-X 1500、脱いだ』

早くも肌色大放出回とイキたいトコロだけれども、どこまでひん剥いたトコロで、残念なことに TRY-X 1500 に肌色成分はほとんどない 計 6個のネジを外し、アチコチのはめ込みを外していくと↑になる。と書くとアッという間にできたようだけれど、実際はなかなかの作業である{%顔モジヒヤッ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONYのICF-5800っか(8)

もちろん 本文とはまったく関係ありません 休止宣言をしたはず、というか、したばかりの ICF-5800 のメンテナンス。3台め、ドナーの登場によって急遽移植手術を行うことになった 移植手術は極めて短い時間で終わり、全身写真の公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONYのICF-5800っかAS Episode 0

春、です ホカポカ陽気の一日で、温度計ちゃんによれば、気温は20℃を越えたようです。 が、が、が。 お隣さんのエアコンは依然フル稼働しています。まさか、一夜にして暖房から冷房に切り替わったわけではないでしょう ドライ運転が必要だとも思えません{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdeco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さぐり式の鉱石ラジオキット、販売中

さぐり式の鉱石ラジオキット(銀河1型-CR949G1)なるものが販売されているそうな 東洋に於いて初めて作られた、さぐり式の鉱石ラジオキットです。鉱石ラジオとは、鉱石の整流作用を利用したAMラジオ受信機。安定性と感度を期待できる組立キットの1つとのこと。 税込みでなんと 6,480円{%顔文字驚き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (03) 『TRY-X 1500、鳴った』

さて、3枚におろされた 4台中 3台の TRY-X 1500。電池をクリップでぶら下げて電源を入れてみた 3台とも、MW も、SW も、FM も、しっかり受信できる ヨンコイチでもいいから 1台は使えるようにしたいという目論見に反して、少なくとも 3台は…などと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (02) 『TRY-X 1500、増えた』

前回、「佐藤さんと鈴木さん」のおふたかたを紹介した。 ↑は「佐藤さんと鈴木さん」ではない そっくりさんだが、よく見るとキャリングベルトがついた新人である。ま、新人といってもやはり 1975年頃の生まれだから、そう若いわけではない。ついつい「そう」とかつけてまで「若い」系の言葉を選んでしまうのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (2)

F1 開幕。プロストーブリーカー VDG氏の●躍で、とんでもないことになっているザウバーとか、とんでもないことになっているザウバーとか、とんでもないことになっているザウバーとかに興味津々で、ラジオなことをやっているヒマのない週末を迎える。ま、一日中テレビにはりつくわけではないし、勢いで書いてしまっただけで「ヒマがない」わけでもない{%恥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRY-X オーバーラン! (01) 『TRY-X 1500、来た』

少しテンションが下がり気味である まだ完全に終わったわけではないけれど、「実戦用に作られた、世界初の本物のTR-4400」のメンテも一段落して、いわゆる燃え尽き症候群というヤツかも知れない 倦怠期でなければ良いのだけれど
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。NEω (1)

TR-4400 のバンド切替スイッチのツマミが(おそらく)暫定でスゴイことになっていることはすでに書いた その他にも、電池蓋がなかったり、ツマミが折れていたりといった、外観的な問題を抱えているラジオが何台か転がっている 古いラジオはオクで手に入れるのが今や常套手段だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONYのICF-5800っか(7)

2台の ICF-5800 のメンテをしていたのはたぶん先月の終わりくらいまで。結局、ニコイチになって、1台はほぼ完動品ができた 気になるのは SW3 の局発の弱さで、2台とも同じ状態だから、ニコイチにしたトコロで解決しやしない もちろん画像と本文の関係は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だから僕は、ラジオが聞けない。~TR-4400 前期型(11)

さて、飽きてきた感が漂いきっているトコロの「実戦用に作られた、世界初の本物のTR-4400」 小さいとはいえ、それでも裏蓋がゴロンとしたままで 2台を転がしておくのには、ウチは狭すぎる 診察希望の新患も列をなしていることだし、重い腹を「よいしょ」の掛け声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more