エアコン止まりま●●(0?+8)~SRI、自己嫌悪を少し感じる

画像

さて、お掃除をしたかは別として。

小型のピックアップループをつけたマグネチックループアンテナがあるけれど、そのピックアップループをノイズアンテナにして的なことを書いたのだけれど、「メイン用のエレメントに比べるとかなり小さなエレメントをノイズ用として同一周波数で共振させて」ウンヌンと書いたハズ。メイン用のエレメントと同じインダクタンスにするのが面倒くさそう、とか。よくよく考えてみれば、共振させるもなにも、ピックアップはメインエレメントで共振した信号を拾っているのだから、同調回路を新たに準備する必要なんてない 問題は、ノイズをどう定義してノイズキャンセラーに送るかだけである。だけ、というと実に簡単そうだけれど、簡単なものならばすでに誰かがやっているハズ

ノイズキャンセラーの回路は「JA1DI型弐式」ではなく、Lloyd Butler VK5BR氏の「AN INTERFERENCE CANCELLING SYSTEM FOR YOUR RECEIVER OR TRANSCEIVER」をベースにしたもののほうが良さそうだ。というか、ノイズの振幅を合わせるためにちょっとばかり増幅して減算するだけで良さそうな気が。

なんか、進歩したように思って書き始めたのだけれど、実際には最大の問題に対してなんの解決策も得られていないので、実験にも入れないことに気づいて、書き始めた記事をどうしようかとも思ったけれど、ま、忘れっぽい SRI のための忘備録ということにしておこう

ピックアップループを回転式にしてやって、メインループ(メインエレメント)と角度を変えてやったらどうだろうか、などと思いつくものの、根拠などない。


よさ気なアンテナになった「トンデモヘッドアンプ」だけれど、今朝というかすでに昨日の朝、Zanzibar が不在の 11735 kHzで Trans Mundial をいい感じで捕らえてくれた。Zanzibar がいたって下で聞こえたりするくらいの常連さんだけれど、聞いた感じと Sメーターの振れがまさにいい感じ

画像

ピークでは S7 くらいまで振っていたけれど、うまいこと写真が撮れなかった

5 kHz上の 11740 kHzはクリアチャンネルで、

画像

Sメーターが振れることはない

残念ながら、15476 kHzでは何も聞こえなかったけれど。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック