ブログ上再放送「エントレ・リーオス州の温泉めぐり」

RAE 日本語放送には、恐らくは再放送目的で制作された特集番組がいくつかあって、主に両キャスターの長期休暇中に繰り返し放送されています。そのひとつが、この「アルゼンチンの観光地めぐり」。初めて聞いたのは数年前になりますが、少なくともここ数ヶ月間にはおめにかかっておらず、すでにオクラ入り、もとい殿堂入りしてしまったのかも知れません

アルゼンチンの観光地めぐり
アナウンス担当:植田敬子さん


(タンゴ)
RAE、ラエ、こちらはアルゼンチン海外向け放送局、日本語番組です。
ただいま、アルゼンチンの観光地についての特集番組をお送りしています。
では、ご紹介するもうひとつの観光地は、エントレ・リーオス(Entre Rios)州に、エントレ・リーオス州の温泉めぐりについてです。
最近、アルゼンチンでは、温泉が注目されています。国内で28ヵ所あると言われる温泉地のうち、その半分が、アルゼンチンの中東部に位置するエントレ・リーオス州に集中しています。このエントレ・リーオス州の温泉地を、ひとつひとつご紹介してゆきましょう。
こちらアルゼンチンでは、温泉に浸かるというのは、温水プールに浸かるのと同じような感覚で、みんな水着をつけて、ゴム草履などを履いて、この温泉めぐりをします。

画像

では、まず最初の温泉地は、エントレ・リーオス州、フェデラシオン(Federacion)です。リウマチなどの関節の痛み、筋肉痛やストレス解消に良く効く温泉と言われています。30℃から43℃の温水が湧き出ており、13のプールに別れて楽しむことができます。

画像

次いで、釣りで有名なサン・ホセ(San Jose)村のウルグアイ側沿いの温泉です。サン・ホセ温泉と言い、ハイドロマッサージ、スパなどが完備されています。タオルやガウンなどもレンタルできます。

画像

また、パラナ(Parana)川沿いのラ・パス(La Paz)温泉は、11のプールに温度40℃前後のミネラルたっぷりの温水が張られています。大変静かな場所で、ロッジなどの宿泊施設があります。

画像

また、このラ・パス温泉が面するパラナ川では、スルビと呼ばれる魚の釣りが盛んに行われています。

画像

また、コンコルディア(Concordia)市郊外にあるコンコルディア温泉は、疼痛、炎症に効き、リラックス効果があると言われています。3つのプールがあり、そのうちのひとつはハイドロマッサージ付となっています。

画像

また、エントレ・リーオス州とコリエンテス(Corrientes)州の境目に位置するチャハリー(Chajari)温泉は、42ヘクタールの面積を有し、24時間体制のセキュリティシステムのキャンピング施設や、バンガローがあります。ウルグアイ側に沿ったこの温泉地、ミネラルを含んだ温水が湧き出て、温泉だけではなく、滝も施設内にあります。

(曲目紹介)

♪Del Gris Al Azur(灰色からブルーまで)作曲:Yuyo Motes 演奏・歌:Los Nocheros


(曲目紹介)

では引き続き、温泉地めぐりをご紹介いたします。

(ギター演奏)

では、まだまだエントレ・リーオス州の温泉めぐりは続きます。

画像

エントレ・リーオス州のパラナ(Parana)市近郊のマリア・グランデ(Maria Grande)温泉は、200年前できたと言われる山の麓にあります。39℃から46.5℃の温…塩水が3つのプールに湧き出ています。

画像

エル・パルマール(El Palmar)国立公園内にあるコロン(Colon)温泉は、リンパ腺や血行促進、細胞活性化、筋肉や関節の強化、リラックス効果などの効用があると言われ、4つの室内プールと、6つの室外プールに別れています。

画像

農作地の真ん中に位置するビージャ・エリーサ(Villa Elisa)温泉は散歩に最適とされています。衛生、医療、飲食店施設やライフガードなどのシステムも充実しており、6のプールで温泉が楽しめます。

画像

そして最後の温泉地としてご紹介するのは、プエブロ・ベルグラーノ(Pueblo Belgrano)村にある、グアレグアイチュ(Gualeguaychu)温泉です。4つのプールがあり、36℃から38℃の温水が湧き出ています。

画像
アルゼンチン最大のカーニバルと称されるグアレグアイチュのカーニバル


では…

(ギター演奏)

ではこれで、本日の特集番組、アルゼンチンの観光地めぐりを終わりたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック